indeedはなぜ強いのか part2

ホーム / indeedについて / indeedはなぜ強いのか part2

 

indeedはなぜ強いのか part2


これまでの日本の採用市場は、求職者が仕事を探す際、求人サイトや折込チラシなどの求人メディアを利用したり、ハローワークを利用するのが一般的でした。

そのため企業側も求人・採用を行う場合、求人広告の枠を購入し、求人サイトに掲載する、ハローワークに求人票を出す、という認識が強くありました。

スマートフォンの普及で、目的検索に変わり、求人検索エンジンであるindeedの求人におけるポジションが確固たるものになりました。

求人媒体で採用を続けてきたが費用対効果が悪い、と感じている方は、

indeedを上手く活用することで採用効果をあげることができます。

indeedの検索結果の表示順は求職者の検索体験や状況などにマッチした求人情報を優先的に表示していると言われています。

ですから求職者個人にマッチした求人順で表示されるので応募率も高くなるのです。

 

コメントを残す