indeedを使った採用についてpart1

ホーム / indeedについて / indeedを使った採用についてpart1

 

indeedを使った採用についてpart1


日本で月間利用者約1,000万人と言われるindeedの活用により

他の大手求人媒体で数十万円かけても効果の出なかった状態から

毎月数件のエントリーがコンスタントに獲得できるまでに改善したという事例も。

 

indeedの活用で多くの求職者を低価格で自社サイトに集客できます。

ほとんどノウハウのない方でもある程度大量の求職者を集客できるというところが

indeedの凄いところです。

1つはダイレクトリクルーティング、つまり自社のホームページ(採用ページ)を直接掲載や広告に

かけることが出来るようになるという事。

求人媒体を介さなくても採用できる、仲介がなくなり採用コストが下がるということです。

もう一つの理由としてindeedはクリック単価が安いので他と同じ広告料をかけたとしても

より多くの人に自社の求人を見てもらえるようになるということです。

有料掲載の場合、デポジット型でクリックした分消化されるため、表示件数やクリック率などから

Yahoo!やGoogleの広告のように改善しながら最適化できることも魅力的です。

 

コメントを残す