日本でもいよいよ解禁!!Google For Jobs(グーグルフォージョブズ)〈Googleしごと検索〉とは !? vol.1

ホーム / indeedについて / 日本でもいよいよ解禁!!Google For Jobs(グーグルフォージョブズ)〈Googleしごと検索〉とは !? vol.1

 

 

つい先日解禁になったばかりのGoogle For Jobsを、皆さまは既にご存知でしょうか?
「Google For Jobs(グーグルフォージョブズ)」とは、2017年6月20日にアメリカでサービス開始後、現在、世界中にサービスの展開を広げている求人情報検索サービスのことです。

 

日本でも既にメジャーな求人情報検索サービスとなっているindeed(インディード)に加えGoogleもネット上の求人情報をかき集めていきます。
これが、いよいよ2019年1月23日「Googleしごと検索」という名称で日本でもサービスが開始されました。これからますます自社採用ページをメディアとして使う動きは高まると思われます。

 

このGoogle For Jobs(グーグルフォージョブズ)の情報ですが、現在分かっていることが5つあります。
今日はその二つ目までをご紹介したいと思います。

 

1.既に日本でも昨年、試験が開始されており、求人に関するキーワードで検索をかけると、Googleの検索結果の画面にGoogle For Jobs(グーグルフォージョブズ)が集めた求人情報が表示されている。

 

2.Googleの検索結果画面に表示される順番は、通常のスポンサー広告(リスティング広告)⇒自然検索(求人に関するワードで検索した場合、indeedや他求人メディアなどの情報)数段⇒枠内に数段Google For Jobs(グーグルフォージョブズ)の求人情報⇒自然検索と表示順位がなっている。※1/30日現在

 

さて、3つ目以降に関しては、次回vol.2でご紹介いたしますので、どうぞお楽しみに。

 

ちなみに検索エンジンの日本シェアは以下の通り。
今後は検索エンジンのシェアも効果を考えていく上で重要ですね。
順位(ランキング)/検索エンジン/シェア(%)
1.Google: 67.24
2.Yahoo: 25.15
3.Bing: 6.95
4.Baidu: 0.33
5.DuckDuckGo: 0.07