人材を逃さない応募者フォローとは?

ホーム / indeedについて / 人材を逃さない応募者フォローとは?

 

indeedは圧倒的な数の求職者にアプローチできる反面、競合企業も数多く利用しているので、応募者が他の企業に逃げられてしまわないように他社との差別化や応募者への配慮も必要です。
せっかくの応募者を逃してしまうのは非常にもったいないことです。
そこで他社に逃げられないようにするためにはどうすべきか、その対応策をお伝えします。

<応募者の心理を考える>

求職者は出来る限り早く、魅力を感じる企業での選考を進めたいと考えています。
複数の企業へ応募している求職者は、基本的に「返信が早い企業の選考を優先的に進めよう」とする傾向があります。
応募からの連絡期間が空き、応募後すぐ面接に進めるようにスムーズなやりとりができないとその企業への志望度も、面接へのモチベーションも下がってしまいます。
また、他社の求人票を見返す時間ができてしまう事で、他社の条件などが魅力的に見えてしまい、応募後の辞退に繋がりかねません。

つまり、以下の2点が大きなポイントになります。

①応募後の企業からの連絡の速さ
 →求職者の応募後、面接に進むまでのフローの見直し
②求人票の記載内容がいかに魅力的に見えるか
 →自社で掲載している求人票の改善

 

<indeedで応募者を逃さないためには>

この2つのポイントを踏まえ、応募者を逃さないためにはどのようにすればいいのかを考えましょう。

【コツ1】 応募があり次第、即時連絡する

複数企業を検討している応募者にとって、企業からの返信が遅いこと致命的な問題です。indeedからの応募を確認でき次第、できるだけ早く連絡を取りましょう。可能であれば、応募があったと同時に、あらかじめ用意しておいたメッセージを自動で送付するシステムを取り入れておくと良いでしょう。

【コツ2】 連絡手段を複数用意しておく

応募を確認後、電話が繋がらなかったり、メール確認に時差ができやり取りが進まなかったりする場合があります。求職者と繋がりやすい連絡手段や、好まれる連絡手段は様々です。電話だけでなく、メールやLINEなど複数の手段を準備できれば、応募者が感じる煩わしさを改善できるかもしれません。

【コツ3】 選考フローを見直す

「まずは履歴書の作成から」「面接時には○○と○○を持参」など、応募者の手間を増やすことはできるだけ避け、まずは「会ってお互いを知る」「職場の雰囲気を見てもらう」ことを優先しましょう。履歴書だけを見ても、実際に会わなければ分からない事の方が多いです。必要な条件やスキルがあればあらかじめ求人票に記載しておけば対処できます。

【コツ4】 求人票で求める人物像を明確に記載する

重要なポイントは「自社が欲しいと思っている人物像が明確に記載されているかどうか」です。職種や必要な経験だけでなく、細かい人物像まで言葉で的確に表現することが大切です。記載する内容がよく分からなければ、自社で活躍しているスタッフをモデルに「自社が求める人物像」を考えてみましょう。従業員の方々へ登録を依頼する場合、Indeedが推奨する求職者の求めるクチコミに沿う内容で記入してもらうようにお願いしてみてはいかがでしょうか。
 
圧倒的な利用者数を誇るindeed、その分優良な求職者からの応募も多くなります。優良人材確保のチャンスを逃さない為にも、応募者フォローの見直し・強化を行ってみてはいかがでしょうか?

indeedに関するご質問、採用ページ制作、運用に関してご不明な点などございましたら、セイシン総研へご相談ください。
セイシン総研では、豊富な運用実績をもとに、エリア、業種、職種に合った効果的な運用方法・管理で、企業様の採用力アップを共に目指してまいります!!