Indeed好みの仕様変更で、掲載順位対策と効果的な求人を!

ホーム / indeedについて / Indeed好みの仕様変更で、掲載順位対策と効果的な求人を!

 

Indeedでは有用でない求人情報を振り分けるための「掲載基準」が定められています。クローリングする際は自社の採用ページが掲載基準を満たしていなければなりませんが、その後、掲載順位を上げるためには、掲載ページを「Indeed好みの仕様に変更」することが効果的です。

Indeedでは、以下3点のマッチ度によって、求職者のニーズに最も合致すると思われる求人が表示されるようになっています。
1)検索キーワード 2)求職者の行動履歴 3)詳細ページの内容
そのため、自社の求人原稿のキーワードや詳細ページの内容を求職者のニーズに合うものに変更しておくことがとても重要です。
しかし、求職者のニーズはその時々によって変化するので、そういった場合はGoogleのSEO対策と同様に、Indeedの検索エンジンに好まれる仕様にページを変更することが掲載順位を上げ、効果的な求人に繋がるといわれています。

<推奨基準>

①会社名

・会社名の項目に会社名・勤務先店舗以外の文言は含めないこと

②職種名

・職種名に職種以外の文言(雇用形態・会社名・給与情報・未経験歓迎等のキャッチなど)は記載しないこと
・職種名は23文字以上で記載しないこと
※特に、職種名は求人サイトのキャッチコピーと勘違いされて推奨基準に適合しないと思われることも多く、注意が必要です。
例えば、職種を入れるべき箇所に下記のような文言があった場合、Indeed好みの仕様とは言えません。
→歓迎★月給30万円~!】誰でもカンタンにできるお仕事♪業界未経験でも3ヶ月でリーダー職の先輩も!
職種と関係の無い待遇面の文言が入って23文字を超過している他、【】、★、!、♪といった記号や感嘆符も入っています。
求人広告であれば思わず目に留めてしまいそうですが、この場合は推奨基準に則っていることが大切です

<さらに効果的にするには>

①効果的な職種名

・職種名は明確で具体的であると効果的
・業務内容を記載する
特定の業界の経験者をお探しならば、業界を明確に記載することでより適格な候補者を見つけることができます
例)「医薬情報担当者(MR)」は一般的な「営業職」よりも業界が限定される

③効果的な仕事内容

・仕事内容は候補者がその求人に適正かどうか判断ができるよう具体的に記載する

④仕事内容に含めるべき内容

・仕事内容や責務
・会社の雰囲気や文化
・福利厚生
・必要な学歴や資格
・望ましい経験年数

⑤効果的な勤務地

・勤務地は市区町村以下の詳細レベルまで記載する方が好ましい

基準を見てみると、求人内容を端的に分かりやすく伝えるという部分に重きを置いているようです。通常の求人広告への掲載内容とは一味違っているので、ぜひこの機会に一度見直してみてはいかがでしょうか?

indeedに関するご質問、採用ページ制作、運用に関してご不明な点などございましたら、セイシン総研へご相談ください。
セイシン総研では、豊富な運用実績をもとに、エリア、業種、職種に合った効果的な運用方法・管理で、企業様の採用力アップを共に目指してまいります!!